ちかともゲーム「きさらぎ」バナー。

フリーゲーム「きさらぎ」、やってみました。
全エンディングをコンプリートしようと思うと、かなりの難度になるこのゲーム。
最も難しい所を完全攻略します。

※2014年5月24日 大幅改訂
※2015年1月30日 攻略FAQ新設




案の定、かなりの長文になりました。
インデックスを用意しておいたので、気になるところだけ拾い読みすると良いです。
でも、できれば<諸注意>は読んでね。
尚、本記事には重大なネタバレが含まれています

頑張ったけど、どうしてもクリアできない!
という方にはオススメですが、そこまでやり込んでいないという方はご遠慮ください。






インデックス


<概要>
<鬼畜仕様? e30>
<諸注意>

<e30への道>
 1 作者さんからのヒント
  1-1 e30のある場所
  1-2 e30を出すための条件その1 「他のエンディングを網羅」
  1-3 e30を出すための条件その2 「一番遠回り」
  1-4 作者さんからのヒントまとめ
 2 e30へのルート攻略
  2-1 START~きさらぎルート
  2-2 きさらぎルート~駅前ルート
  2-3 駅前ルート~線路ルート
  2-4 そしてe30へ

 3 ダメだったという人へ

 <よくある質問>NEW!

 4 やっぱりダメだったという人へ(ネタバレ注意)
 5 どうしても上手くいかない人のための裏技

<終わりに>




 

<概要>


オカルトサイトちかともの管理人さんが自作されたゲームです。

「きさらぎ」タイトル画面。

詳しいことは、直接ちかともさんに行ってご覧になって欲しいのですが、簡単に言うとマルチエンディングのノベルゲームです。
物語の途中で出てくる選択肢の選び方によって話の展開が変わり、エンディングも変化していきます。

総文字数20万字オーバー
エンディング数30種類


という、ボリューム満点のノベルゲームになっていますね。
私もオカルトやホラーが好きで、小説読むのも好きでゲームも好きということで、魅力を感じないわけがない。
そんなわけで、目一杯遊ばせていただきました。


 

<鬼畜仕様? e30>


しかしながらこのゲーム、なかなか一筋縄ではいかない。
全30種というエンディングの中で、e30というナンバリングのエンディングだけが、物凄く難しいのです。

他の29種は、特に難しいことはありません。
要所要所でセーブとロードを繰り返しながら選択肢を総当りしていけば、それほど時間をかけずに網羅することができるでしょう。
この手のゲームに慣れている人にとっては、常套手段ですよね。

しかし、e30だけはそう簡単ではありません。
有体に言って、鬼畜仕様だと思います。

全体的に非常に良くできたゲームで、面白いのです。
面白いからこそ、やっぱり最後まで読みたい。
だけど、難しすぎてどうしてもe30だけは読むことができない。

本記事は、そんな風に心が折れてしまった人に読んで欲しい攻略記事になっています。

この楽しいゲームを是非、最後まで味わっていってくださいね。


 

<諸注意>


攻略を始める前に、注意事項です。
必ずご了承の上で、本記事をご覧ください。

まず、本記事執筆時点でのゲームバージョンは、0.3です。
今後バージョンアップがされた場合には、本記事の時点でのゲーム内容が、アップデート後のゲーム内容やゲームの仕様とは異なるものになることがありえます。
予めご了承ください。

また、現行バージョンでは、PCブラウザ版、Andoroid版共に非常にバグと不具合が多いようです。
プラットホームによってもバグの内容が変わりゲームの挙動も変わる場合があるようです。
プレイ環境によっては本記事通りにゲームが進まない可能性もありえると思います。

尚、筆者の環境は

 Windows7
 Firefox

です。





 

<e30への道>


それでは、e30に辿り着くための攻略を始めます。
まず、まともな選択肢総当りでは到達できないということを心得てください。


 

1 作者さんからのヒント


かなり難しい条件を整える必要があるので、作者さんからもヒントが提示されています。

 →ヒントが掲載されているページ

ここのコメント欄の中の40番と63番がそうですね。
引用しましょう。

40. chikatomo
2014/02/20 10:59
いろいろとご報告ありがとうございます!

※37さん
あんまりゲームやらないのに手を出してくれるなんて感謝!
しかも29まで通ってくれてるとは。
それで、最後の30ですが、これだけ格段に難しいのです。
ほとんどただのいじわるレベルで。
ヒントは……、
実は『to be continued... ...』ですが、
条件次第で続きを出すことができます!



63. chikatomo
2014/03/12 13:32
ヒントというかほぼ答えになってしまいますが、
e1からe29までは終わってますでしょうか?
e30を残すのみとなっている状態で、"一番遠回りして"線路に入ってください!


結論を先に言ってしまうと、このヒントのみでe30に辿り着くことは極めて困難です。
まあ、その辺はおいおいお話していくことにして、このヒントの意味するところを考えてみましょう。


 

1-1 e30のある場所


まず、これ。

実は『to be continued... ...』ですが、
条件次第で続きを出すことができます!


一つだけ、エンディングナンバーが表示されずに「つづく」になっちゃうルートがあるんですね。
これが、条件を満たすことで続きが読めるようになるというわけ。

じゃあ、その条件とは?


 

1-2 e30を出すための条件その1 「他のエンディングを網羅」


e30を残すのみとなっている状態で、

e30を見るための条件の一つは「他の全てのエンディングを見る」であることがわかります。
これは、難しくないですね。
このゲームに限らず、全エンディングコンプリートのための条件としてこういうのを設定しているゲームは多いと思います。

んで、次。


 

1-3 e30を出すための条件その2 「一番遠回り」


"一番遠回りして"線路に入ってください!

「線路に入る」っていうのは、件の「つづく」になっちゃうルートのことですね。
この「つづく」に入るルートを、以降「線路ルート」と呼ぶことにします。
そのルートに入るまでに、「一番遠回りする」というのが条件になっているってこと。

「一番遠回り」って、どういうことでしょう?
選択肢によってルート分岐が発生する本作ですが、線路ルート以外にも大きなルートが他にもいくつかあります。
「猿夢ルート」だったり「ジョージルート」だったり、「ケンゴウルート」だったり。
選択肢の選び方によっては、猿夢ルートに片足を突っ込んで、そこから線路ルートに戻るというような寄り道が可能になっています。
「一番遠回り」というのは、できるだけ寄り道してから線路ルートに入って、その線路ルートを確定しろということですね。
一度ルートが確定してしまうと、他のルートに戻ることはできません。
ルートが確定する選択肢というのもあるので、ぎりぎりまでそれを踏まないようにしながら寄り道して線路ルートに戻る。
そういう進み方が必要になります。


 

1-4 作者さんからのヒントまとめ


ヒントをまとめましょう。

  • e30は線路ルートにある
  • e30以外の全てのエンディングを見る
  • 線路ルートに入るまでに、「一番遠回り」をする


他の全てのエンディングに関しては、頑張ってください。
時間をかければ何とかなります。

というわけで、e30に入るためのルートを攻略していきましょう。
以下は、e1~e29までを制覇してから、ご覧ください。
また、以下の攻略は貴方がそこまでの攻略を済ませていることを前提にしています。




 

2 e30へのルート攻略


手っ取り早く行きましょう。
フローチャートでご案内します。

は必須。
は「to be continued」or他ルート確定。選んじゃダメ。

基本的には、赤の選択肢で進むようにしてください。
青は、一度でも選んでしまったらe30への道が完全に閉ざされます。
注意して欲しいところには←checkを付記しています。
解説をしているので、必ず読んでください。


 

2-1 START~きさらぎルート


<START>
 ↓
⇒まあいいや、眠い……
⇒前の駅を出てから何分経った?
 ↓
⇒やっぱり怖い。起きる
⇒まだ大丈夫。続きを見る
 ↓
⇒疲れたけど立ってよう ←check1
⇒空いてるんだし座ろう
 ↓
⇒やっぱり座ろう ←check2
⇒それでも立ってる
 ↓
<きさらぎルート>


※check1

空いてるんだし座ろうを選んでも、その後の何分経った?できさらぎルートに入ることができますが、e30には行けません。
ここは必ず疲れたけど立ってようを選んでください。


※check2

やっぱり座ろうの後は、check1と同様の選択肢が現れますが、こちらでは眠い……で猿夢EDを確定させない限りはリカバリーが可能です。
ただし、それでも立ってる自体が必要なフラグになっているため、元のルートに戻ってもe30には行けません。



 

2-2 きさらぎルート~駅前ルート


<きさらぎルート>
 ↓
⇒友達に電話してみる ←check3
⇒友達にメールしてみる
⇒窓の外を確認する
 ↓
<電話、メール、窓外確認、全て実行> ←check3
 ↓
⇒インターネット
 ↓
⇒迷う……
⇒戻ろう!
 ↓
⇒駅の改札へ ←check4
⇒ホームに留まる
 ↓
⇒電車に乗る
⇒駅に残る
 ↓
⇒話しかけてみる
⇒そっと逃げる
 ↓
⇒改札へ
⇒やっぱり話しかけてみる
 ↓
<駅前ルート>


※check3

選択肢が多く、煩雑なところです。
電話、メール、外確認の全てを実行する必要があります。
ただし、選び方によっては途中で強制的にインターネットに行かされるので、手順が重要になります。
以下、手順を記載します。

 ⇒友達に電話してみる
   ↓
 ⇒電話をする
   ↓
 ⇒メールにする
   ↓
 ⇒別の友達にもメールしてみる
   ↓
 ⇒窓の外を確認する
   ↓
 ⇒顔を覗かせてみる
   ↓
 ⇒他の方法を考える
   ↓
 ⇒インターネット


メールを先にして電話を後にすることも可能です。
ただし、最初に外確認をしてしまうと、電話とメールができなくなるので注意してください。


※check4

ホームに留まることで、ケンゴウルートと死人列車ルートへの分岐が生まれます。

 ⇒ホームに留まる
   ↓
 ⇒電車に乗る →死人列車ルート確定
 ⇒駅に残る

駅に残った場合、そこにいる若い男に声をかければケンゴウルートに入りますが、声をかけただけなら駅前に戻ることも可能です。
ケンゴウルートが確定するのは、ここ。

 ⇒ここは一緒に行動しよう →ケンゴウルート確定
 ⇒無理。タクシーで帰ろう →駅前ルートへ戻る

ただし、駅に残った後のそっと逃げるが必須フラグになっているため、ホームの男に話しかけた時点でアウトです。
もっと言うと、戻ってこれるとは言え、話しかけてしまうと後に必要になるフラグが回収できなくなります。
必ず、一度駅に残ってから、話しかけずに戻ってください。



 

2-3 駅前ルート~線路ルート


<駅前ルート>
 ↓
⇒携帯電話で相談する
⇒とりあえず歩く
 ↓
⇒110番で助けを求める ←check5
⇒104でタクシー会社を聞く
⇒家に電話する
 ↓
<110、104、家に電話の全てを実行> ←check5
 ↓
⇒このまま待機 ←check6
⇒線路を歩く
 ↓
⇒線路沿いを歩く ←check7
⇒駅に留まる
 ↓
⇒今は線路しかない ←check7
⇒やはり待機する
 ↓
<e30>


かなり重要な部分なので、checkの数も多めです。

※check5


「きさらぎ」フラグ1

全て実行する必要があります。
序盤の電話やメールの選択肢のように複雑ではないので、上から順番に選んでいけばOKです。
ですが、最初に家に電話を選ぶと、110と104が実行できなくなるので注意してください。
尚、ケンゴウに話しかけてから駅前に戻った場合、この選択肢は発生しません
そのため、ケンゴウには話しかけずに改札に戻る必要があります。



※check6


「きさらぎ」フラグ2

一見なんてことない選択肢に見えて、実は物凄い重要なフラグになってます。
ここで待機せずに線路へ行ってしまうと、to be continuedが確定します。
今までの苦労が水の泡になります。
必ず待機してください。



※check7

ルート確定直前だけあって、ここも非常に重要な場面になります。
二度の選択肢を、ワンセットとして考えてください。

「きさらぎ」フラグ3
まず、先に来るこの選択肢を選択肢Aとします。

「きさらぎ」フラグ4
次のこの選択肢は、選択肢Bとしましょう。

この二つの選択肢は、ループしています。
Aで「駅に留まる」を選択すると他ルートが確定し、Bで「線路」を選ぶとe30ルートないしは「つづく」ルートが確定します。
それぞれ、ルートが確定しない選択肢を選び続けることで、AとBを何回でも繰り返すことができるようになっています。
当然、他ルートを確定させてもしょうがないので、Aは「線路」一択です。
選択肢Bでは、ループを利用して両方を選ぶようにしてください。
先に待機を選んで、ループで戻ってから線路に入るようにしましょう。



 

2-4 そしてe30へ


全て間違いなく辿ってこれれば、to be continuedとはならずにe30ルートへ入ります。
上手くいっていれば、e30はこんな風に始まるはずです。

e30冒頭。

いかがでしょうか?
上手くe30ルートへ入ることはできたでしょうか?
首尾よく入れたのなら、いよいよ最後のエピソードが貴方を待っています。

ではでは、お楽しみくださいませ……。









 

3 ダメだったという人へ


はい。
わかります。
多分、上手くいってないですよね?

ここまでの攻略は、作者さんが公表したヒントに基づいた攻略です。
既に私は言いましたが、作者さんのヒントだけでは、e30に到達することは非常に難しいです。
なぜなら、もう一つ、隠された条件があるからです。

他の全てのエンディングを見る。
線路ルートに入るまでに、「一番遠回りする」。

これだけでは、e30に入る条件としては不充分なのです。

これに関して、作者さんはほとんど言及していません。
ちょっと仄めかしているようなところは見受けられるんですけどね。

なので、私からは第三の条件についてのささやかなヒントを提示させていただきます。
次の画像をご覧ください。

e30条件モザイク。

e30後の、作者さんのコメントです。
ここで明かされているように、第三の条件が意図的に仕組まれています。
この条件ゆえに、e30制覇が難しいものになっていると言っても過言ではないでしょう。

もう一つ、画像をご覧ください。

e30条件モザイクその2。



はい。
私から出せるヒントは、以上です。
それでは、頑張って攻略してくださいね。





……え。
モザイクが大きすぎる?

ふむ。
確かに、そんな気もしますね。
わかりました。

じゃあ、少しだけ言っちゃいます。
二枚目の画像で隠されている部分では、

あることをするプレイヤーさんが多い

というようなことが言及されています。




……うん?
それ以前に、e30以外にも埋まらないエンディングがある?

そんな貴方には、この画像。

エンディングリスト(マスク)

エンディングリストです。
ネタバレが強いと思われるエンディング名には、マスクをさせていただきました。
何かの参考になるかと思います。

下にFAQを作ってみました。
e30以外が埋まらないという方は、参考にしてみてください。



ヒントはここまで。
それでは、行ってらっしゃいませ。





 

<よくある質問>


e30以外について、よくある質問をまとめてみました。
<ヒント><ネタバレ>に分けて回答させていただいています。
「ヒントだけくれれば後は自力でやる」という方は、<ヒント>だけご覧ください。

ここにないものに関しては、コメント欄にてご質問ください。
質問状況によっては、こちらのFAQも随時更新していきます。

ただし、当ブログでは攻略に関するご質問のみを受け付けています。
ゲームの挙動や不具合に関するご質問、ご報告等は受け付けておりません。


尚、不具合報告などはちかともさんにてメールフォームをご利用いただくか、ないしは以下のページのコメント欄をご利用ください。

 ちかとも -謎! 怖い話クリップ-
 ⇒ 異世界脱出ノベルゲーム『きさらぎ』【一周年企画】



[Q1] e8とe9が埋まりません


<ヒント>

このゲーム、エンディングリストの並び順がおおよそルートごとにまとまっています。
そのため、空いているエンディングを埋めるのに、空欄がリストのどこの位置にあるかが一つのヒントになりますね。
例えば、猿夢ルートのエンディングの近くに空欄があれば、猿夢ルート付近に目当てのエンディングがあるだろう、というように予想することができます。

ただし、これはあくまでおおよそです。
リストの離れた場所になる場合もあることには留意してください。

とは言え、e8とe9に関しては問題ないですね。
e7が出ているなら、その近くにあると思って正解です。
e7付近を探してみてください。


<ネタバレ>

faq_e8e9_01
   ↓
faq_e8e9_02





[Q2] e21とe22はどこ?


<ヒント>

エンディングリストの位置としては、なかなか微妙な位置ですね。
死人列車ルートにも近いし、ケンゴウルートにも近い。
結論から言うと、これはケンゴウ方面です。
正確には、完全にケンゴウルートが確定する少し前なので、ケンゴウ方面という微妙な言い回しをしました。

ただし、この二つのエンディングは少々ややこしい事情があります。
全く別のルートに、同じ内容で同じタイトルのエンディングがあるからです。

e21は、e7「父を待ち続けて」と非常に似た内容になっており、どちらも凍死してしまいます。
e22に至っては、e8「双眼鏡の先に」とタイトルまで同じなので、混同しやすいです。
テキスト内容もほぼ同じですが、エンディングリスト上では別のエンディングとして扱われています。
途中まで読んで「あ、これはもう見た」とリセットしてしまうと、エンディングリストが空欄のままになります。
注意しましょう。
強いて言うなら、e8の場合、双眼鏡を覗いた後にも選択肢が発生するのに対し、e22は発生しないという違いがあります。
また、e21とe22は、背景画像が大木になります。
この辺で、区別できるんじゃないかなと思います。


<ネタバレ>

faq_e21e22_01
   ↓
faq_e21e22_02
   ↓
faq_e21e22_03
   ↓
faq_e21e22_04





[Q3] どうしてもe25が埋まりません


<ヒント>

同じルートのエンディングなのに、リストの離れた場所にあるエンディングの一例です。
リストを見る限り、e25はケンゴウルートのエンディング付近にありますね。
だからe25もケンゴウルートのどこかにあるかのように思えます。
ですが、実際にはジョージルートにあります

「e25が見つからない!」という方は、ジョージルートを探してみてください。


<ネタバレ>

faq_e25





[Q4] e28が埋まりません。e24も同じタイトルのようですが……


<ヒント>

これは、当ブログの攻略記事を読んでくださった方からの質問ですね。
当ブログではエンディングリストを公開しているので、それをご覧になったのでしょう。

同名のエンディングが存在するということで、Q1とQ2で言及した双眼鏡エンドと同じややこしさがあります。
これに関しても、やはり双眼鏡エンドや凍死エンドと同様に、「これはもう見た」と思って途中でリセットすると埋まらなくなるので注意が必要です。

というわけなので、e24とe28は、同じ内容で同じタイトルですが、直接関係ないです。

しかし、双眼鏡や凍死と比べると、住宅街エンドは少々難易度が上がります。
  • 同じルート上の別エンディングである
  • 双眼鏡のように、死に方で分岐しない
  • 使われている背景画像も同じ
という具合に、非常に区別が付きづらく、ややこしさMAXです。

これに関しては、
  • 「前に見た」と思っても、一応最後まで見る
  • 住宅街エンドに入る直前のルートを憶えておく
  • まめにセーブする
のように対策しておくと良いと思います。

ちなみに、どちらの住宅街エンドもケンゴウルートにあります
地道に探せば見つかるはずですが、できるだけ「もう見た→リセット」はしないようにしましょう。


<ネタバレ>

・e24
faq_e24_01
   ↓
faq_e24_02
   ↓
faq_e24_03
   ↓
faq_e24_04

・e28
複数のルートがあるので、文章で説明します。
上に示したe24へのシーンよりも後で、ケンゴウと別れる選択肢があったら選んでください。
ただし、その後は左方向へ行ってはいけません





[Q5] あと、e30だけなんですけど……


やっぱ、一番多いのはコレですよね。
まさに当記事にて詳細に攻略をしています。
ページトップへ戻り、ご覧ください。

 ⇒ e30完全攻略




















 

4 やっぱりダメだったという人へ(ネタバレ注意)


わかりました。
私も完全攻略などと謳った責任があります。
第三の条件、お教えしましょう。

なんですが、もう一度良く考えてください。
ココから先は、ネタバレになります。
自力攻略を完全に諦めた人だけ、この先を読んでください。










では、こちらの画像をご覧ください。
パッと見でわからないようにサムネを小さくしていますが、さっきの画像のモザイクなし版です。
クリックで大きくなります。

e30条件ネタバレ。 e30条件ネタバレその2。

要するに、ロードするなってことです。
確認したんですが、途中セーブはOKです。
でも、それをロードしたらアウトです。

ついでに、全エンディングリストも晒しちゃいます。

エンディングリスト(ネタバレ)

やっぱりネタバレなんで、閲覧は自己責任でお願いします。





これで、全ての謎は解けましたね。

ではでは、今度こそ、e30へ行ってらっしゃーい!























 

5 どうしても上手くいかない人のための裏技


ここまでの攻略でe30へ到達できたと思います。
もし「ダメだった」と言うのであれば、どこかにフラグの回収し忘れがあるはずです。
もう一度、攻略チャートをよく見直してトライしてみてください。

多分ないと思いますが、それでもどうしてもダメだという人のために、とっておきの裏技をご紹介します。

2-3 駅前ルート~線路ルートcheck7をご覧ください。
ここでは同じ選択肢を何度も選ぶことができます。
このループを繰り返すことによって、足りないフラグを補填することができます。

これは作者さんから直接私が教えていただいた話なのですが、あのループには必須フラグが含まれています。
このフラグを何度も取得することで、e30に必要なフラグを累積カウントしているようなんですね。
なので、回収できなかったフラグがあっても、そのフラグの数だけ回すことで、e30に必要な条件を満たすことができます。
つまり。

この裏技を利用すれば、
途中のフラグを一切回収せずに
e30へ入ることも可能。


まあ、実際に最短ルートからe30へ行こうと思ったら、20回以上のループが必要なので、あまりオススメはしません。
ですが、極力回り道をしているのに辿り着けないという場合には、5回前後回すことで行けるようになると思います。
このくらいなら、現実的な回数ですね。

攻略を読んでも上手くいかないという方は、試してみてください。


もちろん、現時点でのゲームバージョンの話です。
今後のアップデート等で、この裏技ができなくなる可能性はあります。
ご了承ください。





 

<終わりに>



マジな話。
心が折れて挫折して、完全に諦めちゃった人とか、いない?
だけどさ、攻略情報なんて、ググる限りは誰も書いてないんだよね。
読みたいのに読めない。
続きが気になるのにどうしてもダメ。
それって、凄く辛いでしょ?

だからさ、ちょっと頑張って攻略記事を作ろうかなって思ったのさ。
そりゃ、いきなりネタバレとかやるのも作者さんに悪いから、ちょっと手の込んだ書き方をしたけど。

だってさ、このゲーム、凄く良くできてるし面白いんだよ?
なのに、それを楽しめないって、ちょっと悲しいじゃん?
まあね、このゲーム、ちょっと意地悪なところがあるのも確かだと思うよ。
つまらないゲームなら、意地悪なシステムなんか攻略しないで放っておけばいいのよ。

でも、面白いんだから。
このゲーム、充分に面白いんだから。





てな感じで、ちかともゲーム「きさらぎ」e30完全攻略を終わりにしたいと思います。
長文にお付き合いいただき、誠にありがとうございました。

最後に。
この記事を発見して、お声をかけてくださり、尚且つ、色々と教えてくださった作者さんに厚く御礼申し上げます。



スポンサーサイト
Secret